掲載日: 文章:Clipee運営局

ロッテがオリックスに勝利!オリックスは連勝が6でストップ

4月12日、京セラドーム大阪で開催されたオリックスバファローズ対千葉ロッテマリーンズの第2戦は、井上の適時打などで3点を先制したロッテがオリックスの連勝を6で止めた。先発したスタンリッジは今季初勝利を手にした。

スタンリッジが今季初勝利!オリックは守備の乱れで連勝ストップ

オリックスは松葉、ロッテがスタンリッジの両先発で開始した試合は、ロッテが初回から攻めた。
ロッテは1回、二死一二塁でパラデスが放った内野ゴロでオリックスの守備の乱れが生じ1点を先制すると、続く井上がセンターへのタイムリーを放ち1点を追加した。
さらに田村が押し出しの四球を選び3点の先制に成功した。

反撃に出たいオリックスは3回、西野のタイムリーで1点を返すも、続く4回のロッテの攻撃の際に守備の再び守備の乱れが生じ1点を失ってしまう。
しかし、オリックスはその裏、俊太のタイムリー、宮崎のセーフティスクイズで2点を返し1点差に詰寄った。

ロッテは、6回に鈴木のセーフティスクイズと井口の内野安打で2点を奪いリードを広げると、7回に1点を失うもリードを守り抜きオリックスに勝利した。

【ロッテ】キャプテン・鈴木大地が孤軍奮闘!チーム打率.206の中リーグトップの打率.464でチーム牽引

こちらの記事も読まれています

新着記事