掲載日: 文章:Clipee運営局

【ヤクルト】「山田哲人333応援シリーズ」で山田が不発!

4月12日、東京ヤクルトスワローズは明治神宮野球場で行われた中日ドラゴンズとの1回戦で、2-5で敗戦した。終盤に相手のミスで追いついたヤクルトだったが、延長10回に勝ち越され敗れた。

山田哲人、バレンティンが4打数ノーヒット…

打線に元気がなかった。それを象徴するかのように、山田とバレンティンはノーヒットに抑え込まれてしまう。

山田は第1打席で三ゴロ併殺打に倒れると、第2打席では三飛、第3打席では右飛、第4打席では見逃し三振と見せ場がなかった。4番のバレンティンも第1打席で右飛、第2打席では中飛、第3打席では遊ゴロ、第4打席では二ゴロと、こちらも見せ場なく終わってしまった。

二人のあとを打つ5番の畠山和洋もノーヒットに終わり、クリンナップがノーヒットだった。真中満監督は「誰かが何とかしないといけない」と語り、打線が投手陣を援護できていない現状を見つめていた。

特に山田はイベントである「山田哲人333応援シリーズ」だったにもかかわらず不発に終わってしまい多くのファンが落胆した。イベント最終日である明日の奮起に期待したい。

中日が・藤井の適時三塁打、亀沢のプロ初本塁打でヤクルトに勝利!三ツ間へプロ初勝利をプレゼント!中日が・藤井の適時三塁打、亀沢のプロ初本塁打でヤクルトに勝利!三ツ間へプロ初勝利をプレゼント!

4月12日、神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズの一戦は延長戦の末に5-2で中日が勝利した。 亀澤恭平がプロ初本塁打 ヤクルト先発の山中…

【ヤクルト 速報】ビシエドがまさかの落球でヤクルトが2-2の同点に追い付く!

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事