掲載日: 文章:Clipee運営局

【ロッテ】球界最年長の井口資仁が今季初安打初打点!「42歳、一生懸命走りました」

4月12日、千葉ロッテマリーンズは京セラドーム大阪でオリックスバファローズとの2回戦を行い、6-4で勝利した。ロッテは球界最年長選手の井口資仁が今季初安打初打点を記録するなど、ベテランとしてチームの勝利に貢献した。

43歳の最年長選手の今季初安打は足で稼いだ内野安打

42歳の井口が足で魅せた。初回、2死2塁の場面で迎えた第1打席ではオリックスの先発・松葉貴大からストレートの四球を選び、出塁。その後井上晴哉の安打で3点目のホームを踏んだ。3回先頭の第2打席では空振り三振、4回2死一、三塁の第3打席では三ゴロに倒れた。そして迎えた6回2死二、三塁の第4打席では三塁へのボテボテの当たりで全力疾走し、内野安打。三塁走者の伊志嶺翔大がホームに還り初打点も記録した。

今季初安打について井口は「42歳、一生懸命走りました」と、全力疾走で掴んだ安打に満足そうな表情を見せていた。

ロッテがオリックスに勝利!オリックスは連勝が6でストップ

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事