掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球連盟】國學院大が専修大に8-2で勝利!効果的に得点を奪い今春初勝利

4月13日、明治神宮球場で行われた東都大学野球連盟春季1部リーグ戦「國學院大対専修大」2回戦は8-2で國學院大が勝利し今春のリーグ戦で初勝利をマークした。

先制、中押し、ダメ押しと理想的な攻撃

先手を奪ったのは國學院大だった。初回から専修大の先発・前田敬太を攻め立て4点を先取しマウンドから引きずり下ろす。前田は1回持たず0.2回3失点、被安打3、与四死球3でノックアウトとなった。2回にも國學院大は伊藤雅人の適時打で1点を追加し5-0と試合は一方的な展開へ。

専修大は6回裏に失策、四球で無死一、二塁のチャンスを作ると犠打で走者を進め秦匠太朗が適時二塁打を放ち2点を返し反撃開始。

しかし、國學院大は2点を失った直後の7回表に横井佑弥が適時二塁打で1点を奪い6-2と4点差にリードを広げる。9回には伊藤雅人がソロ本塁打を放つなど2点を奪い8-2とし勝負を決めた。

これで國學院大、専修大の対戦成績は1勝1分けとなっている。

今春復活を遂げる右の本格派右腕!新井諒【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事