掲載日: 文章:曽我 友紀久

筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)

松谷竜暉キャプテンにインタビュー!


自主的な運営をしているチームにおいて、キャプテンとしてどういう苦労があるのか。
今年こそは、リーグ優勝、そして明治神宮出場を狙う、筑波大野球部の松谷キャプテンに話を頂きました。

(プロフィール)

松谷 竜暉(まつたに たつき)
捕手、4年生。報徳学園出身。2014年選抜甲子園出場。

この先も野球を続ける、そのためにも教員免許がとれる学校として選びました

野球を始めたきっかけを教えてください。

松谷主将(以下、松谷):父親が野球やっていたので、その影響で小さい頃からキャッチボールしており、サッカー等、他のスポーツもかじるって程でも無いですが遊んでいたのですが、一番面白かった野球をはじめました。

この学校を選んだ理由を教えてもらえますか?

松谷:野球をずっとやっていきたいというのは絶対条件ですが、怪我で続けられなくなった場合を考えると、保健の教員免許があった方が有利と思い、野球も強く、なおかつ教員免許とりやすいところと考えて、筑波大学を考えるようになりました。
また、報徳で活躍されて筑波ではキャプテンも務められた先輩の糸井(慎太朗)さんの影響もあって、選ばせて頂きました。

キャプテンになった経緯を教えてもらえますか?

松谷:自分たちの学年は、そもそも人数が少なく、推薦で入ってきた自分と大場(日大三)のうちでやらなくてはというのがありました。リーダーシップがある人間となると更に限られてくるので、自分がやるしかないだろうと思い、キャプテンになりました。

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)
筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)

こちらの記事も読まれています

新着記事