掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球連盟】中央大が10-3で東洋大に快勝!中央大の大工原が3安打と大暴れ

4月13日、明治神宮球場で行われた東都大学野球連盟春季1部リーグ戦「中央大対東洋大」2回戦は10-3で中央大が勝利しこのカード2勝0敗で勝点1を獲得した。

中央大は攻撃の手を緩めることなく・・・

中央大が鍬原卓也の完封で先勝したこのカードの2戦目も先手を奪ったのは中央大だった。2回に2死二、三塁のチャンスを作ると大工原壱成の適時二塁打で2点を先制すると3回には主将の保坂淳介のソロ本塁打で1点を追加。4回には大工原が再び適時二塁打で1点を追加すると後続も続き3番吉田叡生の本塁打も生まれ一挙4点を奪い7-0と大きくリードを広げた。

東洋大はその裏に1点を返し1-7とするが中央大は尚も5回表に大工原のこの日、3本目となる適時打などで3点を追加し10-1とし試合を決めた。

6回裏に東洋大は2点を返し3-10とするが反撃もそこまで。終盤は両チームともに得点を奪うことができずに10-3で中央大が勝利した。

筑波大学硬式野球部「文武不岐」大学野球野球日本一、社会に貢献する真のエリートを目指す。(後編)

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事