掲載日: 文章:Clipee運営局

阪神が3連勝で2位に浮上!高山の決勝打で接戦をモノにする

4月13日に横浜スタジアムで開催された横浜DeNAベイスターズ対阪神タイガースの第二戦は、阪神が接戦をモノにし勝利した。

高山が決勝打!藤浪が8回1失点の好投

DeNAが井納翔一、阪神が藤浪晋太郎の両先発で開始されたこの試合は両先発の好投により非常に締まった試合となった。
5回まで井納・藤両投手が5回までランナーは出すものの得点は与えない好投を魅せた。
試合が動いたのは6回表、阪神は先頭の上本がチーム初ヒットで出塁すると、福留が続き一死一三塁のチャンスを作ると、原口がライトへ先制となるタイムリーヒットを放ち1点を先制した。
先制を許したDeNAは、一死から梶谷がセンターへの値千金となるソロホームランを放ち、すぐさま試合を振り出しに戻した。

7・8回と両チーム無得点、同点で迎えた9回、阪神は一死二三塁から高山・上本の連続タイムリーを放ち3点を勝ち越した。
その裏、阪神は藤浪に代わりドリスがマウンドに上がり、三者凡退に抑え、阪神が接戦をモノにした。

【DeNAvs阪神】井納翔一vs藤浪晋太郎 侍ジャパンで活躍の藤浪が初勝利をかけ先発!

こちらの記事も読まれています

新着記事