掲載日: 文章:Clipee運営局

日ハムが見事な継投策でソフトバンクに勝利!村田は4回1失点と好投も勝ち負けつかず

4月13日に札幌ドームで開催された北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクホークスの試合は、NPB復帰初先発となった村田透を早めの継投策で交代させた日ハムがソフトバンクに勝利した。

注目の村田は4回2安打1失点の好投!ソフトバンクは柳田が意地の一発も…

日ハムが村田透、ソフトバンクがバンデンハークの両先発で開始した試合は、日ハムが序盤から果敢に攻めた。
日ハムは1回、無死から西川が2ベースで出塁すると、中島が犠打でランナーを進めると、続く近藤がレフトへの犠牲フライを放ち1点を先制した。
さらに続く2回、田中・森本のヒットで二死一三塁から3年目の清水がプロ初打点となるタイムリーを放ち1点を追加した。

追いつきたいソフトバンクは、4回、ここまでノーヒットに抑えられている村田を捉え、高谷のタイムリーで1点を返した。

日ハムはその裏、石井一のタイムリーで1点を追加すると、4回で先発の村田を諦め継投に入った。

5回から鍵谷・谷元・宮西・石川・増井と繋いだ日ハムは、8回に柳田にソロホームランを許したものの、見事な継投でソフトバンクに逆転を許さず勝利した。

日ハムが連敗脱出! レアードの勝ち越し2ランで試合を決める

関連ニュース / コラム

こちらの記事も読まれています

新着記事