掲載日: 文章:Clipee運営局

広島が土壇場で一挙7点を奪い10連勝を飾る! 松山が値千金となる同点ホームラン

4月13日に東京ドームで開催された読売ジャイアンツ対広島カープの試合は、土壇場で大逆点を演じた広島が巨人を下し10連勝を飾った。

巨人は守護神のカミネロが大乱調!土壇場で大逆点をゆるす

巨人が吉川光夫、広島が大瀬良大地の両先発で開始したこの試合、初回から大きく動いた。
広島は1回表、一死一二塁から新井・鈴木・エルドレッド・小窪の連続タイムリーで4点を奪うことに成功した。
しかしその裏、巨人は、二死から坂本が出塁し、阿部がタイムリーを放ち1点を返すと、続くマギーが右中間へ2ランホームランを放ち1点差に追いついた。

巨人は先発の吉川を2回途中であきらめ、高木勇を投入した。
高木が2回の二死満塁のピンチを切り抜けると、3回表には、マギーが同点となるタイムリー2ベースを放った。
さらに、5回裏、中井がヒットで出塁し二死二塁から阿部が勝ち越しとなるタイムリーを放ち巨人が試合をひっくり返した。

初回以降、巨人は広島打線を無得点に抑え1点リードで迎えた最終回、カミネロが広島打線に捕まる。
広島は、先頭の松山がライトスタンドへ運ぶ値千金のとなるソロホームランを放ち同点に追いつくと、丸・安部のタイムリーなどで3点を追加した。
さらに打線は続き、石原が試合を決める3ランホームランを放ち3点を追加し、11-5で巨人を下した。

【広島】4番復帰の新井貴浩が2安打4打点!昨季MVP男が2打席連続弾

こちらの記事も読まれています

新着記事