掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト・鵜久森が決めた!今シーズン2回目のサヨナラ打!ヤクルトは6連敗でストップ

4月13日、神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズの一戦は9回裏に代打鵜久森淳志がサヨナラ適時打を放ちヤクルトが3-2でサヨナラ勝ちを決めた。

ブキャナンの好投に鵜久森が応えた!

中日が2回表に平田良介の今シーズン第2号本塁打で点を先制。その後、又吉克樹の適時打も生まれ2-0とリードを奪う。
ヤクルトは3回裏2死から山田哲人が二塁打で出塁すると山崎晃太朗が適時打を放ち1点を返す。その後、6回裏に畠山和洋の第2号ソロ本塁打で2-2の同点に追い付くいた。
ヤクルト先発のブキャナン、中日先発の又吉ともに要所を締め8回2失点の素晴らしい投球を見せ試合は9回へ。
ヤクルトは2番手秋吉亮が三者凡退で中日打線を抑えるとその裏にヤクルトは2死三塁のチャンスを作る。

西浦直亨のところで起用された代打鵜久森が左翼へサヨナラ適時打を放ち3-2で勝利した。

【ヤクルト 速報】 畠山和洋が値千金の本塁打!ヤクルトが同点に追いつく

新着記事