掲載日: 文章:Clipee運営局

【オリックス】初登板初先発のドラ1ルーキー・山岡泰輔は7回途中3失点の好投も初黒星

4月13日、京セラドーム大阪で行われたオリックスバファローズと千葉ロッテマリーンズの3回戦は、オリックスは2-3で敗戦した。オリックスはドラフト1位ルーキーの山岡泰輔が初先発を果たしたが、7回途中3失点で降板し、敗戦投手となった。

6回まで3安打無失点も7回に痛恨の3ラン被弾

高校時代、映像を観たメジャーリーガーのダルビッシュ有が絶賛したスライダーが冴え、ロッテ打線を抑え込んだ。初回は2死から安打を四球でバタついてしまったものの、2回から5回までは打者3人ずつで抑え、5三振を奪った。

しかし、勝利投手の権利を手にした7回、ロッテ打線に掴まってしまう。福浦和也に四球を与えると、井上晴哉に二塁打を浴び、今日一軍に昇格した細谷圭に左翼への3ランを被弾してしまった。山岡は「1点を守らなければという思いが強くなった」と好投にも痛恨の被弾を反省していた。

惜しくもプロ初先発で初勝利はならなかったが、次回以降の投球に期待したい。

【オリックス】ディクソンが8回1失点で2勝目!「僕以外の投手のときもこれくらい打ってほしいね!」

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事