掲載日: 文章:Clipee運営局

レンジャーズ・ダルビッシュ有が7回無失点10奪三振の好投!

レンジャーズ・ダルビッシュ有が7回無失点10奪三振の好投!
photo by Gettyimages(ダルビッシュ有)

現地時間4月13日、エンゼルスタジアムで行われたロサンゼルス・エンゼルス対テキサス・レンジャーズの一戦でレンジャーズのダルビッシュ有が先発登板を果たした。

得点圏に走者を5回進めるも要所を締める

1点の援護をもらったダルビッシュは初回、安打と四球で1死一、二塁のピンチを招き打席にはアルバート・プホルスを迎える。カウント2ボール2ストライクから三塁ゴロに打ち取ると、続くアンドレルトン・シモンズも遊ゴロに抑え無失点の立ち上がり。2回は四球の走者を盗塁、暴投で進め2死三塁のピンチを作るが次打者を見逃し三振に仕留める。

4回にこの試合初めてとなる三者凡退に打ち取るが、5回、6回も得点圏に走者を進める投球内容。7回にこの日、2回目となる三者凡退に仕留めたダルビッシュ。8-0と大量リードと言うこともあり8回からはマウンドをリリーフ陣に譲り降板。

この日のダルビッシュは7回を投げ無失点、被安打5、与四球2、奪三振10(103球)の投球内容。得点圏に走者を5度進める投球だったが要所を締め無失点。勝ち投手の権利を持って降板した。

レンジャーズ・ダルビッシュ有は6回1失点で負け投手に!

新着記事