掲載日: 文章:Clipee運営局

最速145キロを誇る中継ぎエース!小野大夏【Players report】

「機動破壊」を売りにする健大高崎は春のセンバツでベスト8に進出するなど、今年のチームも甲子園上位を狙えるチームに仕上げてきた。その中で中継ぎ投手としてチームを支えるのが小野大夏だ。

氏名:小野大夏(おのだいな)
守備:投手
投打:右投右打
所属:健大高崎高校
出身:高南中学(軟式)

高南中学では軟式野球をプレーしていた小野。健大高崎に入学後は捕手、投手の二刀流を務めていた。2年秋の公式戦では野手としての出場で1打数ノーヒット。投手としては4試合で3.2回を投げ奪三振5、与四死球2、防御率4.91とリリーフのみで起用されていた。最速145キロを誇り今後の成長にも期待がかかっている。

春のセンバツでは3試合に登板し5.2回を投げ2失点、奪三振6、与四死球5、防御率3.18の成績を残した。守護神としての期待がかかっていたがセンバツでは先発投手の降板後の2番手として登板することが多かった。176センチ73キロと体格は大きくないが144キロをマークするなどストレートは速くスライダー、フォークとのコンビネーションで三振を奪う。与四球が多く制球に難はあるのでコントロールの改善に期待したい。

こちらの記事も読まれています

新着記事