掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球連盟】國學院大が5-1で専修大に快勝し勝ち点1を獲得 國學院の山崎剛が爆発

4月14日、明治神宮球場で行われた東都大学野球連盟春季1部リーグ戦「國學院大対専修大」3回戦は國學院大が5-1で専修大を下し2勝1分けで勝点1を獲得した。

國學院大・山崎剛は3安打猛打賞!

この試合で先制したのは國學院大だった。初回に1番の山崎剛が左前打で塁に出ると2番・飯野周太、主将の3番・諸見里匠も連続安打を放ち1点を先制する。その後、両チームとも0点が続くが5回裏に國學院大は9番・横井佑弥のソロ本塁打で1点を追加。1番山崎がの安打から2死満塁のチャンスを作ると6番・西丸泰史が適時三塁打を放ちさらに3点を奪いこの回一挙に4点を奪い5-0とリードを大きく広げた。その後は両チームとも得点を奪うことはできずに5-0のまま試合は9回へ。9回表の専修大は5番・和田裕生の適時打で1点を返すが反撃もここまで。5-1で國學院大が勝利し引き分けの後2連勝となった。

プロ注目の國學院大・山崎は3安打猛打賞で大きくアピールしている。

次週、國學院大は昨秋の王者である日大と対戦、専修大は試合がなく次戦は4月25日の日大戦となっている。

【東都大学野球連盟】中央大が10-3で東洋大に快勝!中央大の大工原が3安打と大暴れ

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事