掲載日: 文章:Clipee運営局

大阪桐蔭で2年生ながら3番を任された男!中川卓也【Players report】

今春のセンバツで優勝を果たした大阪桐蔭は山田健太、根尾昂といった下級生が注目されていた。その2年生でもう一人有望株が存在する。クリーンナップに座る中川卓也だ。

氏名:中川卓也(なかがわたくや)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:大阪桐蔭高校
出身:大阪福島シニア

1年夏の8月に右足中指を骨折し秋季大阪府大会には出場できず、近畿大会からの出場となった中川。近畿大会では3試合に出場し打率.545(11打数6安打)、1本塁打、5打点の活躍でセンバツでは背番号「5」と勝ち取った。ミート、パワーともに優れており主軸候補として下級生ながら注目を浴びる。

また、中川の兄である中川優は八戸学院光星のエースとして甲子園に3度出場しており少しだけ追いついた格好だ。中川も兄と同じように野球留学で甲子園を目指す選択もあったが地元からの甲子園出場を夢見て大阪桐蔭に進学。見事、強豪校でのレギュラーを2年次から勝ち取った。

初戦から3番に座り1試合だけ2番で出場したものの、毎試合安打を放ち打率.368(19打数7安打)、2打点の成績を残している。夏の大会では全国の高校が打倒大阪桐蔭を掲げて向かってくるがそれに打ち勝ち春夏連覇を目指したい。

こちらの記事も読まれています

新着記事