掲載日: 文章:Clipee運営局

東京六大学フレッシュリーグで…東京大学の40歳 伊藤一志が神宮デビュー

4月15日、東京六大学野球のフレッシュリーグ「東京大学対慶応大学」の試合が神宮球場で開催された。

その試合で東京大学の伊藤一志(3年)がオールドルーキーとして1回を投げ、1回4失点とほろ苦デビューを果たした。
伊藤は40歳。元々は医学を卒業し、麻酔医として社会人生活を送っていたものの、”東京大学野球部として神宮球場でプレーする”という夢を諦めきれず、再受験した変わり種である。

※フレッシュリーグとは
東京六大学野球連盟の新人戦であり、昨季(秋)までトーナメント方式で行われていた新人戦が1回戦総当たり方式に変更されたものである。

【東都大学野球連盟】國學院大が5-1で専修大に快勝し勝ち点1を獲得 國學院の山崎剛が爆発

こちらの記事も読まれています

新着記事