掲載日: 文章:Clipee運営局

巨人 坂本勇人が大暴れ!4打数4安打と好調キープで逆転の原動力に

4月15日にナゴヤドームで開催されている中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツ(巨人)の試合は、先制しながらも一度はリードを許した巨人が坂本のタイムリーなどで逆転している。

昨季首位打者の坂本勇人が大暴れ

巨人は初回坂本のヒットでチャンスを作るとマギーのタイムリーで1点を先制する。しかし、3回中日に、二死満塁から藤井の逆転となるタイムリーを放たれ1点のリードを許した。
逆転された巨人は6回、先頭の坂本がヒットで出塁しチャンスを作ると、阿部がヒットで続き、マギーがフェンス直撃となるタイムリーを放つなどで3点を奪い逆転した。
さらに7回には、中井・立岡が連続ヒットで一死二三塁のチャンスを作り、続く坂本・阿部の連続タイムリーで2点を追加している。

巨人対広島の試合は初回から両軍打線が爆発! 巨人マギーが2ランホームラン

新着記事