掲載日: 文章:Clipee運営局

早稲田実業の清宮幸太郎が連発!高校通算80、81号で不調脱出!

4月15日、春季高校野球東京都大会が神宮第二球場で開催され、早稲田実業は駒大高と対戦し、14-2で快勝した。今秋ドラフト候補の清宮幸太郎は3番一塁でスタメン出場し、高校通算80、81号と2打席連続弾を放った。

3月8日以来約1ヵ月ぶりの一発で大台へ

3月8日の早稲田大学Bチーム戦以来となる一発だった。5点リードの4回1死一、二塁の場面で迎えた第3打席、直球をとらえた打球は右翼越えの3点本塁打となった。これで80本の大台に乗せた清宮は続く打席でも中堅に2点本塁打を放ち、高校通算本塁打を81本とした。

清宮は「センバツから不調が続いていたけど、原因が分かった。これだけホームランが出なかったのは初めてですが、これも一つの経験」と話すなど、自身の力で不調から脱出できたことに手応えを感じていたようだ。あと2本で西武・中村剛也、6本で日本ハム・中田翔に並ぶ本塁打記録も、この男ならきっと越えて行ってくれることだろう。

清宮が高校通算80・81号のホームラン! 高校通算ホームランランキングもご紹介

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事