掲載日: 文章:Clipee運営局

東京大学の宮台が大乱調!2回途中で6失点でKO

4月15日に開催された東京六大学野球の東京大学対慶応大学の一戦で、プロ注目の東京大学の宮台康平がマウンドに上がった。
宮台は先発として登板するも、初回に慶応大学の岩見に2ランを浴びるなどで1回0/3を2安打1三振5四球6失点と精細を欠き、課題の残るマウンドとなった。

制球力に課題…この日の宮台は5死球

プロ注目の左腕として注目の集まる東大の宮台が今シーズン2回目の先発マウンドに立つも、この日は散々の内容だった。
宮台は初回、慶応先頭の天野を四球で歩かせると、柳町にタイムリー3ベースを浴び、さらに続く岩見に2ランホームランを放たれ3点を許した。
さらに続く2回には、先頭打者から3者連続で四球を与えるなど、実力を発揮することはできずマウンドを降りた。

【東京六大学野球連盟】慶応大が猛打爆発!プロ注目の岩見雅紀にも1発が跳びだし東大相手に

関連ニュース / コラム

こちらの記事も読まれています

新着記事