掲載日: 文章:Clipee運営局

【西武】エース・涌井が7回4安打8奪三振無失点で今季初勝利!開幕投手が圧巻の投球

4月15日、千葉ロッテマリーンズはZOZOマリンスタジアムで埼玉西武ライオンズとの2回戦を行い、1-0で接戦をものにした。ロッテ先発の涌井秀章は7回無失点の好投で今季初勝利。西武先発の野上亮磨との投げ合いを制した。

涌井は3度目の正直で今季初勝利

息詰まる投手戦を制した。相手先発の野上も8回完投し、3安打1失点と素晴らしい好投を見せる。しかし、1点を許さなかった涌井が1枚上手だった。安打や四球で走者は許したが、捕手の田村龍弘が盗塁を二度刺すなど、若き司令塔もエースをバックアップし要所を締める。
7回には2死から中村剛也、メヒアに連打を浴びて2死一、二塁とこの日最大のピンチを迎えたが、山川穂高を遊ゴロに打ち取り乗り切った。
ここまで2試合に登板し防御率4.85と苦しい投球が続いていた涌井だったが、この日の好投でようやく初勝利を手にすることができた。
これまで3度の最多勝に輝いている右腕が4度目の最多勝に向けてスタートを切った。

ロッテが細谷の3ランで逆転勝利!オリックス山岡はプロ初勝利ならず...

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事