掲載日: 文章:Clipee運営局

慶応大の関根智輝が史上4人目となる一年生春開幕投手として勝利を飾る!

4月15日に神宮球場で開催された東京六大学の東京大学対慶応大学の試合で、慶応大学は開幕戦となったこの試合に新1年生の関根智輝(都立城東)をマウンドに送った。

史上4人目となる1年生で春開幕戦で勝利…15年の法大森田以来

東大が宮台、慶応が関根の両先発で開始した試合は、はっきりと結果がわかれる結果となった。
プロ注目の宮台が乱調で結果を残せない中、開幕戦となった慶応は新1年生の関根が開幕投手としてマウンドに上がり初勝利をゲットした。
関根は、都立城東でエースとして活躍し、プロ注目の選手であり、その進路に多くの野球ファンが興味を示していた。
その関根は、名門慶応野球部の門を叩き、1年生ながら春季リーグ開幕戦という晴れの舞台で開幕投手を務めることになった。

関根は、5回を投げ5安打1失点と新人としては十分な活躍を魅せ、その能力の高さを示した。

【東京六大学野球連盟】東大のオールドルーキー・40歳の伊藤一志が神宮デビュー!夢を追いかけ医師から東大生へ

こちらの記事も読まれています

新着記事