掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球連盟】立教大が4-2で法政大に勝利!プロ注目の熊谷敬宥は無安打

4月16日、明治神宮球場で行われた東京六大学野球連盟春季リーグ戦「立教大対法政大」2回戦は立教大が4-2で法政大を下し先勝した。

集中打で立教大が逆転勝利

昨日(15日)に行われた1回戦では両チームとも譲らず6-6の引き分けにに終わったこの一戦、先制点を奪ったのは法政大だった。初回に3年生ながら4番に座っている中山翔太の犠飛で1点を先制する。しかし、立教大は4回表に飯迫恵士の適時打で1点を返し同点に追いつき、続く、5回表にも再び飯迫が適時打を放つなど3点を奪い4-1とリードを3点に広げる。そのまま両チームとも得点を奪えずに試合は9回裏、法政大の攻撃へ。法政大は小林満平のソロ本塁打で1点を返すのがやっと。4-2で立教大が法政大に勝利した。

プロ注目の立教大・熊谷敬宥は4打数ノーヒット2三振といいところがなかった。また、先発した手塚周は9回7奪三振の好投で完投勝利でリーグ戦通算2勝目をマークした。

第3戦は明日(17日)に明治神宮球場で行われる。

慶応大の関根智輝が史上4人目となる一年生春開幕投手として勝利を飾る!

こちらの記事も読まれています

新着記事