掲載日: 文章:Clipee運営局

【DeNA】ロペス・クライン・パットンの助っ人トリオが揃い踏み!DeNAは今季初のカード勝ち越し

4月16日、横浜DeNAベイスターズは横浜スタジアムで東京ヤクルトスワローズとの6回戦を行い、5-3で快勝した。出場した外国人選手3人がそれぞれ活躍し、チームの今季初めてのカード勝ち越しに貢献した。

助っ人外国人が投打に大活躍!

助っ人トリオの揃い踏みだった。先発のクラインは3回に四球の走者を許すと、雄平の犠飛、バレンティンの2号本塁打で2点を失うも、4回、5回は三者凡退に抑えて流れを作る。すると4回裏には満塁のチャンスに自ら2点適時打を放つなど、投打に活躍を見せた。

ロペスは初回に先制の3号本塁打を放つと、5回には右翼への適時二塁打を打ち、2安打2打点の活躍。7回のマウンドに山﨑康晃が上がったときにはマウンドに駆け寄りアドバイスを送るなど、チームの精神的支柱にもなっている。
その山崎に代わって9回のマウンドに上がったのは、ここまで7試合に登板して防御率0.00のパットン。先頭のバレンティンに安打こそ許すものの、後続を打ち取り見事来日初セーブを挙げた。

助っ人外国人選手の活躍により、DeNAは今季初のカード勝ち越しを決めた。

【DeNA】筒香嘉智にアクシデント…2安打で上昇の兆しも9回守備交代…

こちらの記事も読まれています

新着記事