掲載日: 文章:Clipee運営局

【広島】タナ・キク・マルが揃って安打もあと一本が出ず惜敗 今季初めてのカード負け越し

4月16日、広島東洋カープは阪神甲子園球場で阪神タイガースとの6回戦を行い、1-2で接戦に敗れた。広島は1番田中広輔、2番菊池涼介、3番丸佳浩にそれぞれ安打が出るなどチャンスは作ったものの、あと一本が出ず今季初のカード負け越し。

阪神より多い安打を放ったもののチャンスで一本が出ず…

阪神の4安打に対して、広島は6安打を放ったが1点しか奪えずに接戦を落としてしまった。初回、1番・田中は阪神先発の能見篤史の4球目のスライダーを弾き返し中前打。2番・菊池は2球目の直球を左前打で続き、さらに満塁とすると、鈴木誠也の犠飛で田中が先制のホームを踏んだ。丸は3回先頭で迎えた第2打席で中前に抜ける当たりで安打を放ったが、後続が続けず追加点を逃してしまった。

4回以降は阪神投手陣の前に安打を出すことができず、広島は初回の1得点のみで敗戦。14日の阪神戦で負けるまで10連勝と波に乗っていた広島だが、このカードでは今季初の負け越しを喫してしまった。

【広島カープ】岡田明丈が前回登板に続き好投で2勝目!プロ初の「9回」完投勝利

こちらの記事も読まれています

新着記事