掲載日: 文章:Clipee運営局

【巨人】4番の阿部慎之助が決勝のタイムリー「インサイドにうまく対応できました」

4月16日、読売ジャイアンツはナゴヤドームで中日ドラゴンズとの6回戦を行い、2-0で接戦をものにした。巨人は0-0で迎えた7回に4番の阿部慎之助が決勝の適時打を放ち、完封リレーで中日に連勝。カード勝ち越しを決めた。

阿部。第3打席に先制・決勝の適時打で7試合連続安打

開幕から打撃好調の阿部がまた試合を決めた。第1打席では中日先発の吉見一起の前に見逃し三振、第2打席では遊ゴロに倒れたものの、7回無死二塁で迎えた第3打席ではその吉見の6球目の内角直球をとらえて右翼への適時打を放ち、二塁走者の坂本勇人をホームに返した。

これで連続試合安打は7試合まで伸び、打率.358と高打率をキープ。3番を打つ坂本とともに打線を牽引している。

阿部は「なかなか打てるボールが来なかったんですけど、最後のインサイドにうまく対応できました」とコメント、自画自賛の一打だった。

【巨人】2年連続首位打者へ坂本勇人が大当たり!4安打1打点で中日撃破

キーワード

新着記事