掲載日: 文章:Clipee運営局

カブス・上原浩治が1死も取れず今季初失点! 「申し訳ない」のコメントにファンが擁護

カブス・上原浩治が1死も取れず今季初失点! 「申し訳ない」のコメントにファンが擁護
photo by GettyImages

現地時間4月16日、リグリーフィールドで行われたシカゴ・カブス対ピッツバーグパイレーツの一戦はパイレーツが終盤にカブスの救援陣を打ち込み6-1で勝利した。カブスの上原浩治は今シーズン初失点を喫し敗戦投手となった。

上原は今季7試合目で初の失点を許す

序盤から両チームとも得点を奪うことができずに0-0で進行していたこの試合は、7回裏にカブスが均衡破り1-0となった。

直後の8回表にマウンドへ登った上原は先頭の代打ジョン・ジェイソを四球で塁に出すと続くアダム・フレージャーに二塁打を浴び無死二、三塁。続く代打のジョシュ・ベルにも四球を与え無死満塁のピンチを招く。上原は落ち着きを取り戻すことができずにジョーディ・マーサーに適時打を浴び1-1の同点。ここで降板となり一死も取ることができずにマウンドを降りることとなった。後続が得点を許したため上原は失点が3。

この日の上原は0.0回、3失点(自責2)、与四球2、被安打2の内容で敗戦投手となった。

カブス・上原は1回1K!今季6戦連続無失点の好投もチームは敗れる

キーワード

新着記事