掲載日: 文章:Clipee運営局

アマチュア野球の強豪を渡り歩く男・森下翔平【Players report】

東海大相模、東海大、日立製作所というアマチュア野球の王道を歩んでいる森下翔平。今シーズン、ルーキーイヤーながらスタメンを勝ち取りチームに貢献している。

氏名:森下翔平(もりしたしょうへい)
守備:内野手
投打:右投右打
所属:日立製作所
出身:青葉緑東シニア→東海大相模高校→東海大

東海大相模時代は2011年春のセンバツに2年生ながら背番号「5」をつけ出場。上級生には田中俊太、菅野剛士といった現在も日立製作所でチームメートの2人が在籍していた。この大会で5試合に出場し打率.381(21打数8安打)、1本、8打点の成績を残している。翌2012年は甲子園出場がなく東海大へ進学。プロ志望届は提出していなかった。

東海大では2年春からレギュラーを獲得し3年春には首位打者(打率.409)を獲得。最上級生となった昨年には日米大学野球選手権の日本代表のも選出され2試合に出場した。チームメートの丸山泰資がプロ志望届を提出し中日入りする中で森下は田中、菅野を追って日立製作所へ進むことを決断。

最初の公式戦となったJABA日立市長杯選抜野球大会では8番三塁でスタメン出場。今シーズンからは社会人野球で腕を磨く。

こちらの記事も読まれています

新着記事