掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球連盟】日本大・八田が2本塁打!延長13回の死闘は日本大が7-6で國學院大に勝利

4月18日、明治神宮球場で行われた東都大学野球連盟春季1部リーグ戦「日本大対國學院大」1回戦は日本大が延長13回の激闘を制し7-6で國學院大を下し先勝した。

延長13回に押し出し死球

前週に勝ち点1を獲得して臨んだ両チームの対戦で均衡を破ったのは國學院大だった。2回裏2死二、三塁から貞光広登の2点適時打で2点を先制する。4回にも1点を追加し3-0と試合を優位に進めた國學院大。

しかし、6回表に日本大は八田夏の2点本塁打で2-3と1点差に詰め寄る。その裏、國學院大はドラフト衆目の山崎剛が適時打を放ち4-2とリードを2点差に広げることに成功。日本大は8回表に再び八田が2点本塁打を放ち4-4の同点に追いついた。

そのまま、試合は延長戦に入る。10回、11回とともに日本大は1点を奪うが裏に國學院大は1点を返し決着がつかない死闘となった。最後は延長13回表に押し出し死球を選んだ日本大が裏の攻撃をしのぎ7-6で苦しみながらも先勝している。

【東京六大学野球連盟】立大・田中誠也が1安打完封勝利!大阪桐蔭出身トリオの活躍で勝点ゲット

こちらの記事も読まれています

新着記事