掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球】東洋大・飯田が完投勝利!打線の大量援護でドラフト候補同士の投げ合い制す!

4月18日、東都大学野球連盟一部リーグは明治神宮野球場で第3週が行われ、第2試合では「東洋大学対亜細亜大学」の1回戦が行われた。東洋大は中盤に大量得点で亜大を突き放し、リードを保ったまま試合を終え、13-3で先勝した。

東洋大・飯田晴海vs.亜大・高橋遥人のドラフト候補同士による投げ合いも…

両チーム無得点で迎えた3回、東洋大は2番・古田塁の3点本塁打で3点を先制。5回には4番・中川圭太の適時三塁打や2つの失策などでさらに3点。6回には2四球に失策が絡み、さらに5番・西川元気の適時二塁打、9番・宝楽健吾の犠飛などで6点を追加。12-0と大量リード。

東洋大がさらに1点を加えて迎えた8回裏、亜大は代打・上田隼也の適時二塁打で1点を返す。9回裏には1番・手塚渓登の適時二塁打、代打・大坪直希の適時二塁打で2点を返すが反撃もこれまで。13-3で東洋大が勝利した。

亜大はエース・高橋遥が誤算だった。

両チームは4月19日の第1試合に2回戦を行う。

【東都大学野球連盟】日本大・八田が2本塁打!延長13回の死闘は日本大が7-6で國學院大に勝利

こちらの記事も読まれています

新着記事