掲載日: 文章:Clipee運営局

【阪神】超人・糸井が先制打含む3安打1打点!鳥谷が1766試合連続出場で金本監督の記録に並ぶ!

4月18日、阪神タイガースはナゴヤドームで中日ドラゴンズとの1回戦を行い、3-1で勝利した。今季からFA加入した糸井嘉男は開幕戦以来の猛打賞で勝利に貢献。鳥谷敬は2004年から続く連続試合出場記録を1766試合とし、金本知憲監督が持つ歴代2位の記録に並んだ。

金本監督「明日も出るんだからどうってことないでしょ」

阪神の糸井が開幕戦以来の3安打猛打賞を記録した。第1打席では二ゴロ併殺打に倒れたものの、第2打席では中日先発のバルデスから右前打を放つ。第2打席でも左前適時打で先制点を叩き出すと、8回の第4打席では通算402セーブを誇る岩瀬仁紀からこの日3本目となる左前打で猛打賞とした。

連続試合出場記録がかかっている鳥谷は6番三塁でスタメン出場し、金本監督が持つ1766試合に並んだ。金本監督は「(ショートは外野の)倍キツイと思うよ。明日も出るんだから、どうってことないでしょ」と金本監督らしい言い方で鳥谷を称えつつも、明日の記録更新を楽しみにしているようだ。

若い選手が躍動している阪神だが、糸井、鳥谷らベテランがチームを支えているからこそ、若手が伸び伸びと活躍できるのだろう。

阪神 鳥谷が連続出場記録1766 歴代2位タイの金本監督に並ぶ

関連ニュース / コラム

こちらの記事も読まれています

新着記事