掲載日: 文章:Clipee運営局

早稲田大で主将として春秋連覇!河原右京【Players report】

早稲田大学時代に主将として春秋連覇を達成し、プロ入りを目指したものの指名漏れとなったトヨタ自動車の河原右京。2年目の今シーズンはプロ入りを果たした茂木栄五郎(楽天)、重信慎之介(巨人)らに追いつくためにも実績を残したい。

氏名:河原右京(かわはらうきょう)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:トヨタ自動車
出身:神戸中央シニア→大阪桐蔭高校→早稲田大学

大阪桐蔭で2年春に背番号「5」で甲子園出場を果たし2試合に出場するも5打数ノーヒット。プロ入りはせず東京六大学の早稲田大学へ進学。1年時から試合に出場し2年から試合出場を増やしレギュラーを獲得。主将を務めた4年春は打率.333、2本塁打、11打点で二塁手においてベストナインを獲得。22試合連続安打の六大学記録にあと一歩まで迫ったが届かず。茂木、重信らとともにプロ志望届を提出したが指名漏れ。トヨタ自動車へと入部した。

昨年、ルーキーイヤーとなったトヨタ自動車では都市対抗、日本選手権と出場し6試合で打率.267(15打数4安打)をマーク。日本選手権では3番二塁として出場するなど1年目から結果を残している。

2年目となる今年は都市対抗3連覇に貢献しプロ入りを目指す。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事