掲載日: 文章:Clipee運営局

【福六・九六大学野球】九産、草場が6回に2ラン浴びるも打ち合い制し勝利!..他

19日、ヤフオクドームで福岡六大学、九州六大学野球の春季リーグ2日目3試合が行われた。

昨年優勝の九産と福工の一戦は1回に九産が先制すると、その後も各回追加点を挙げて5回までに6点を奪う。
プロ注目の先発・草場は、140kmを超えるストレートを武器に4回まで無得点で抑えていたが、5回に1点を失うと、3回にはDH染原から2ランを浴びて4-6と福工が2点差に追いつく。
このまま逆転を狙いたい福工だったが、九産大打線の勢いを抑えることが出来ず、8回までに2点を奪われて4-8と再びリードされる。9回に1点を返し、2死一三塁の同点チャンスで再び染原が打席に立つも四球、続く山川が倒れて九産が逃げ切った。

その他、4月19日に行われた九六、福六大学野球の結果は下記のとおり

<1試合目 / 福岡六大学野球>
福工|000 013 000|5
九産|111 211 01×|8

<2試合目 / 九州六大学野球>
福大|001 100 000|2
久大|000 000 100|1

<3試合目 / 福岡六大学野球>
九工|000 010 010|1
日経|010 412 03×|11

【東都大学野球連盟】2日連続の延長戦は國學院大が制す!1勝1敗で第3戦へ!

こちらの記事も読まれています

新着記事