掲載日: 文章:Clipee運営局

広島 ルーキー床田4回2失点でマウンドを降りる

4月19日、マツダスタジアムで行われている横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープの一戦で先発・床田が4回2失点で降板した。

本拠地初の先発となった床田は、3回まで三者凡退でDeNA打線を封じ快投を見せていた。
しかし、4回先頭の桑原を四球、続く田中に中安打で無死一二塁のピンチが訪れる。さらに2死二三塁からロペスに2点適時打を浴びて先制を許す。
続く倉本は左飛で抑え、2安打2奪三振1四球2失点でマウンドを降りた。

試合は2番手ヘーゲンズが更に1点を奪われ0-3でDeNAがリードしている。

【広島】菊池涼介が4安打1打点の大活躍!代打・會澤が劇的サヨナラ打!

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事