掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤンキース・田中が今シーズン最長の7回を投げ1失点!

ヤンキース・田中が今シーズン最長の7回を投げ1失点!
photo by Gettyimages

現地時間4月19日、ヤンキースタジアムで行われたニューヨーク・ヤンキース対シカゴ・ホワイトソックスの一戦にヤンキースの田中将大が今シーズン4試合目の先発登板を果たした。その田中は7回1失点の好投で勝ち投手の権利を持って降板している。

田中将大は中4日登板も影響はなし

今シーズン初めてとなる中4日での登板となった田中だが初回から二者連続三振を含む三者凡退と絶好の立ち上がり。2回、先頭のホセ・アブレイユに二塁打、続くアヴィセル・ガルシアに四球を与えて無死一、二塁のピンチを招くが後続を併殺、凡打に抑え無失点。4回にアブレイユの適時二塁打で1点を失うものの7回まで無失点に抑えマウンドを後にした。

この日の田中は7回1失点、被安打6、与死球2、奪三振6(96球)の内容で今シーズン最長となる7回を投げきった。開幕からふがいない投球が続いていた田中だが、この日はピンチでも動じず要所を締めホワイトソックス打線を最少失点に食い止めた。

2008年ワールドシリーズMVP!球界屈指の好左腕!コール・ハメルズ【海の向こうの凄いやつ】

こちらの記事も読まれています

新着記事