掲載日: 文章:Clipee運営局

昨夏の甲子園を沸かせた選手が続々大学デビュー! 早大の早川・東洋大の昨夏の村上に納など

昨夏の甲子園を沸かせた選手が続々大学デビュー! 早大の早川・東洋大の昨夏の村上に納など
photo by youtube.com

2016年甲子園を沸かせたスター達。今井達也(作新学院→西武)、藤平尚真(横浜→楽天)、寺島成輝(履正社→ヤクルト)、高橋昂也(花咲徳栄→広島)とプロ入りを果たした選手も多い中で大学野球の道を選んだ選手もいる。今後、4年間にわたり大学での活躍が期待される新一年生を見ていこう。

早稲田大には早川隆久(木更津総合)が入部した。早川は夏の甲子園終了後に行われたU-18アジア選手権大会に選ばれた投手陣の中で唯一の大学進学となる。プロ志望届を提出すれば指名は確実と言われていたが、大学日本代表との対戦で大学生の凄さを肌で感じ大学進学を決断した。早川への期待は高く開幕戦からリリーフで登板し1.2回を無失点、3安打を浴びたものの4奪三振の内容。また、翌日にも連投で登板し2安打を浴びるものの1回を無失点に抑えている。安打は浴びたものの落ち着いており四死球を出さなかったことが評価される。少しずつではあるが実績を残しプロに入ったメンバー達には4年後に追いつくつもりだ。

こちらの記事も読まれています

新着記事