掲載日: 文章:Clipee運営局

要チェック!2017年注目の社会人ルーキー投手たち【東日本編】

新年度に入り、全国各地で社会人大会が開催されるようになってきた。今年も各チームに有力な新人選手たちが入部したが、今回は注目の新人投手【東日本編】を取り上げていく。

大学通算17勝、最速155キロ右腕・生田目翼(日本通運)

まず紹介するのは流通経済大学で通算17勝を挙げた生田目翼だ。3年春には田中正義(ソフトバンク)擁する創価大学に2戦連続完投勝利を記録し、全日本大学野球選手権で準優勝したチームの原動力になった。ドラフト会議では惜しくも指名漏れとなったが、日本通運で腕を磨き、2018年の指名を狙う。

佐々木千隼と二枚看板で全国出場に貢献・邑楽雅貴(日立製作所)

桜美林大学では4年春まで4試合の登板に終わっていたが、秋に頭角を表し佐々木(ロッテ)に次ぐ二番手投手となり、明治神宮大会出場に貢献。日立製作所で経験を積み、課題のスタミナを強化したい。

4年春に防御率1.01で4勝・齋藤友貴哉(Honda)

山形中央高では一学年上に横山雄哉(阪神)がおり、山形県準優勝を経験。桐蔭横浜大学で本格化し、最速150キロを記録。4年春には5試合で44.2回を投げる完投能力の高さで優勝に貢献。Hondaでは3月に公式戦登板を果たし、完封勝利を飾った。

こちらの記事も読まれています

新着記事