掲載日: 文章:Clipee運営局

アストロズ・青木は無安打2三振もチームはエンゼルスに勝利!

アストロズ・青木は無安打2三振もチームはエンゼルスに勝利!
photo by Gettyimages

現地時間4月19日、ミニッツ・メイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ対ロサンゼルス・エンゼルスの一戦は5-1でアストロズがエンゼルスを下し勝利した。アストロズの青木宣親はは今シーズン初めて7番での出場を果たした。

2度のチャンスを生かせず

7番左翼でスタメン出場を果たした青木は、2回1死無走者で迎えた第1打席でエンゼルス先発のJ.Cラミレスに三球三振に仕留められる。1-1と同点の5回裏無死二塁の場面で訪れた第2打席も再び三球三振に抑えられ一打勝ち越しのチャンスを生かすことができなかった。6回裏に1点を勝ち越した後、2死一、二塁の場面で回ってきた第3打席では遊直に終わり追加点を奪うことはできず。次の回の守備から青木は退きベンチから試合を見守った。

この日の青木は3打数ノーヒット2三振と打順が昇格したにも関わらず結果を残すことはできなかった。しかし、シーズン通算では打率.324(34打数11安打)と好調をキープしており明日以降にも期待がかかる。

アストロズ・青木が2試合ぶりにマルチヒットもチームは敗れる!

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事