掲載日: 文章:Clipee運営局

要チェック!2017年注目の社会人ルーキー野手たち【東日本編】

新年度に入り、全国各地で社会人大会が開催されるようになってきた。今年も各チームに有力な新人選手たちが入部したが、今回は注目の新人野手【東日本編】を紹介したいと思う。

大学4年でブレイク、目指すは社会人で侍ジャパン・佐藤竜彦(Honda)

立教大学4年の春までは一般就職を考えていたが、Hondaとの練習試合がきっかけで社会人入り。4年春秋にはベストナインを獲得するなどブレイクした。3月には公式戦デビューし、きらやか銀行戦で決勝本塁打を放つなど活躍を見せている。父は元ヤクルトの佐藤真一氏。

米国生まれの大型遊撃手、今永昇太(DeNA)からも一発・松田進(Honda)

上記の佐藤とは国学院久我山高のチームメイトだった松田。187cmの大型遊撃手として3年春には3本塁打を放つなど、リーグ戦通算5本塁打とパンチ力を秘める。2年秋には駒沢大学の今永からも一発。打撃の確実性を磨き、2年後のドラフト指名を目指す。

4年秋に野手転向で打率.346を記録しいきなりベストナイン・川口貴都(SUBARU)

国学院久我山では佐藤、松田とチームメイト。1年春からベンチに入り、2年初には甲子園にも出場した。明治大学には投手として入部も出場できない年が続き、4年秋に野手転向。するといきなりベストナインに輝く大活躍でチームを春秋連覇に導く。社会人で野手として経験を積み、プロ入りを実現したい。

こちらの記事も読まれています

新着記事