掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球連盟】明治大がシーソーゲームを制し早稲田大を下す!

4月22日明治神宮球場で行われた東京六大学野球連盟春季リーグ戦「早稲田大対明治大」1回戦は明治大が6-5で早稲田大を下し先勝した。

早稲田・小島、明治・水野ともにピリッととせず

初回、早稲田大が岸本朋也、長谷川寬、織原葵の適時打などで一挙4点を奪い試合の主導権を握る。明治大の先発水野匡貴は1回持たずにノックアウト。一方、早稲田大の先発小島和哉は初回を無失点に抑えたものの2回裏に渡辺佳明に適時打を浴び2点を返されリードは2点に。小島は3回被安打2ながらも与四球5で2失点と本来の力を出せずに降板となった。

早稲田大は5回表に岸本が再び適時打を放ち5-2と3点差にリードを広げる。その裏、明治大は河野祐斗が適時三塁打を放つなど3点を奪い試合を振り出しに戻した。

勝ち越し点を奪ったのは明治大だった。7回裏に河野がソロ本塁打を放ち1点を勝ち越し。その後、無失点に抑え6-5で早稲田大に先勝した。

県内無敵の聖光学院を止めた男!大和田啓亮【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事