掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球連盟】立教大と慶応大の一戦は両者譲らずに2-2で引き分けに終わる

4月22日明治神宮球場で行われた東京六大学野球連盟春季リーグ戦「立教大対慶応大」1回戦は両者譲らず2-2で引き分けとなった。

慶応大・ルーキー関根は4回2失点

慶応大の先発は城東高校出身の1年生ルーキー関根智輝。開幕戦勝利を挙げ話題にもなった期待の投手だ。この日は、初回にドラフト候補でもある笠松悠哉に適時打を打たれ1点を失うと、3回にも併殺の間に1失点となり4回2失点でマウンドを降りた。

0-2と2点ビハインドの慶応大は5回裏に倉田直幸、天野康大の適時打で2点を奪い2-2の同点に追いつく。その後は両投手とも得点を許さず2-2で引き分けに終わっだ。また、慶応大の嶋田翔(樹徳高校)が代打でデビューするも三振に終わっている。

プロ注目のスラッガーでもある慶応大の岩見雅紀から快音は響かず4打数ノーヒットで2三振の内容。一方で立教大の熊谷敬宥は3打数2安打とマルチ安打を達成した。

【東京六大学野球連盟】明治大がシーソーゲームを制し早稲田大を下す!

こちらの記事も読まれています

新着記事