掲載日: 文章:Clipee運営局

【ヤクルト】雨天コールドゲームは小川が7回完封勝利で2勝目!首位広島に連勝!

4月22日、東京ヤクルトスワローズは明治神宮野球場で広島東洋カープとの5回戦を行い、降雨による7回コールドで、1-0で勝利した。ヤクルトの先発・小川泰弘は7回2安打5奪三振で完封勝利を挙げた。ヤクルトは広島に2連勝。

初回にいきなり2四球でピンチを迎えながらも粘りの投球のエース・小川

無安打でピンチを迎えた。初回、先頭の田中広輔に四球を与え、菊池涼介が送ると、2死から4番・鈴木誠也にも四球を与えてしまい、無安打で2死一、三塁のピンチとする。そこで迎えた松山竜平を投ゴロに抑えて無失点で凌いだ。4回には先頭の丸佳浩の右翼二塁打と四球でまたもピンチを迎えるが、安部友裕を中飛に抑えて無失点。

7回までに112球を投げていたが、1死走者なしの場面でも打席に入り次の投球に備えていたが、試合前から降り続いていた雨が強まり、ヤクルトの攻撃中に中断。そのまま雨天コールドとなり、1点リードしていたヤクルトの勝利が決まった。

小川は7回無失点で完封勝利とし、今季2勝目を挙げた。

【ヤクルト 速報】バレンティンの適時二塁打で1-0とヤクルトが1点先制!

こちらの記事も読まれています

新着記事