掲載日: 文章:Clipee運営局

一浪から立教大へ進学し主戦候補へ!手塚周【Players report】

今年、2年生ながら立教大学・日曜日の先発を任されることになりそうなのが手塚周だ。浪人を経験している苦労人でもアル。

氏名:手塚周(てづかしゅう)
守備:投手
投打:右投左打
所属:立教大学
出身:福島三中→福島高校

福島県の福島高校時代に県ベスト8を達成。同学年となる大和田啓亮(日大東北→日大)と投げ合いを演じるなど高校時代からプロのスカウから注目を浴びていた。しかしプロ志望届は提出せずに大学進学。一浪後、立教大学へと入学。

1年生となった昨シーズンは秋のリーグ戦から中継ぎで登板を果たし4試合、1勝0敗、4.2回奪三振4、与四死球3の成績を残した。澤田圭佑(オリックス)、田村伊知郎(西武)らが抜けた投手陣の中で2年生ながら今年は主戦として期待される。立教大学にとっての開幕週となった4月16日の2戦目に先発登板を果たすと9回2失点、7奪三振1四死球で完投勝利。濱口智成監督の起用に応えている。

最速は140キロ台前半と決して速くないが、スライダー、チェンジアップを駆使し緩急での組み立てを行っている。今年2年生と言うこともあり2019年のドラフト候補として名前が挙がってくることになりそうだ。

新着記事