掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球連盟】立大が山根の2号本塁打などで慶大に逆転勝利!1年中川が好リリーフ

4月23日、東京六大学野球連盟は第3週が行われ、「慶應義塾大学対立教大学」の2回戦は立大が山根佑太の2号2点本塁打などで慶大に逆転勝ちを収めた。慶大は今季初黒星。

慶大・髙橋佑、立大・手塚の2年生同士の投げ合いは手塚に軍配

22日の1回戦では2-2の引き分けで終えた両チームの先発は、慶大が髙橋祐樹、立大が手塚周と共に2年生同士の投げ合いとなった。

両チーム無得点で迎えた2回裏、立大は1番・寺山寛人の適時打で1点を先制する。対する慶大は5回に代打・小原和樹、3番・柳町達の適時打で一気に逆転。すると6回裏、立大は6番・山根佑太の今季2号2点本塁打で再逆転。8回にも8番・笠井皓介のリーグ戦初打点となる適時二塁打で追加点を奪う。

立大は手塚のあとを受けた中村碧聖、藤田凌司、中川颯の継投で慶大の反撃をかわし、勝利を収めた。立大はこれで1勝1分として、勝点をかけて明日の第3戦に臨む。

一浪から立教大へ進学し主戦候補へ!手塚周【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事