掲載日: 文章:Clipee運営局

【春季東京都大会】両チーム合わせて5本塁打の乱打戦を制した日大三が決勝&関東大会進出!

4月23日、春季高校野球東京都大会準決勝が神宮第二球場で開催され、日本大学第三高校と帝京高校が激突。両チーム合わせて5本塁打が乱れ飛ぶ打撃戦を制した日大三が9-7で勝利し、決勝進出と関東大会出場を決めた。

プロ注目の金成麗生が打った瞬間に分かる一発

日大三のデカプリオ・金成が初回から魅せた。帝京先発の白石の投球をとらえると、打球は打った瞬間それとわかる一打で右翼ネットに突き刺ささる。この一打で勢いに乗った金成は5回にも適時打、7回にも適時二塁打を放ち3安打4打点の大暴れだった。

金成の活躍で試合を優位に進めた日大三だったが、8回に帝京は佐々木俊輔の2打席連続となる2点本塁打や、田中悠我のソロ本塁打などで4点を返し反撃。9回にも1点を返したが及ばず、日大三が乱打戦を制した。

日大三は27日に清宮幸太郎擁する早稲田実業と決勝戦を戦う。また、5月20日から開幕する春季関東大会への出場も決めた。

清宮が82号!早実がコールドで決勝進出、13年ぶりの関東大会切符!

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事