掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球連盟】明大・森下暢仁がリーグ戦初勝利!早大は終盤に反撃も一歩及ばず…

4月23日、東京六大学野球連盟は第3週が行われ、第2試合の「明治大学対早稲田大学」の2回戦は明大が3-2で勝利し、連勝で勝点2とした。明大は序盤までに3点をリードし、終盤の早大の反撃をかわしてリーグ戦4連勝。

今季初登板でリーグ戦初勝利の明大・森下暢仁

明大の先発・森下は今季初登板。初回から三塁に走者を進められるなど楽な投球ではなかったが、要所を締めてスコアボードにゼロを並べる。すると3回に3番・逢澤峻介の適時三塁打で明大が1点を奪い、森下に先制点をプレゼントする。4回にも安打と四球から満塁のピンチを作るが、早大7番・織原葵を三振に仕留めて無失点で乗り切る。

早大は8回裏に4番・加藤雅樹、5番・岸本朋也の適時打で2点を返すが、反撃及ばず1点差で接戦を落とした。

明大の森下は7.2回7奪三振2失点でリーグ戦初勝利を挙げた。

第4週では明大は法政大学と、早大は東京大学と対戦する。

【東京六大学野球連盟】立大が山根の2号本塁打などで慶大に逆転勝利!1年中川が好リリーフ

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事