掲載日: 文章:Clipee運営局

要チェック!2017年注目の社会人ルーキー野手たち【西日本編】

新年度に入り、全国各地で社会人大会が開催されるようになってきた。今年も各チームに有力な新人選手たちが入部したが、今回は注目の新人野手【西日本編】を紹介したいと思う。

スピードはオコエ並!春夏甲子園4強不動の2番打者・原田拓実(JR西日本)

同級生に九鬼隆平(ソフトバンク)、松尾大河(DeNA)がいた秀岳館高1年時、原田のスピードに目をつけた鍛治舎巧監督により内野手から外野手にコンバートし、才能が開花。3年春に出場した春のセンバツでは4試合で打率.333で2盗塁と持ち味を発揮した。高校生ながら社会人の名門・JR西日本入りし、3年後のドラフトを目指す。

明治大学春秋連覇の扇の要・牛島将太(JR九州)

明治大学では3年春からリーグ戦に出場し、4年春から正捕手の座を掴み、柳裕也(中日)、星知弥(ヤクルト)、佐野恵太(DeNA)らとともに春秋連覇を果たす。打者としても4番に座り、通算7本塁打を誇る。プロでも強打の捕手は貴重になってきており、2年後のドラフトでどの球団が獲得に動くのか、今から楽しみだ。

仙台大学では連盟新記録の120安打に4位の18発・松本桃太郎(Honda鈴鹿)

玉熊将一(明治安田生命)を要した北海高校時代には2年春夏の甲子園に出場した。仙台大学では1年からレギュラーの座を掴み、秋季リーグでは史上初の1年生での打撃3冠を獲得。以降も活躍を続け、仙台六大学連盟新記録となる通算120安打を達成したものの残念ながらドラフト指名はならなかった。社会人の名門Honda鈴鹿で腕を磨く。

こちらの記事も読まれています

新着記事