掲載日: 文章:Clipee運営局

ワールドシリーズMVPに輝いた最強のユーティリティー!ベン・ゾブリスト【海の向こうの凄いやつ】

現在のメジャーリーガーで「最強のユーティリティー選手は?」の問いに対して真っ先に名前が挙がるであろうシカゴ・カブスのベン・ゾブリスト。2014年の日米野球でも来日しており日本のファンにも馴染みがあるだろう。

名前:ベン・ゾブリスト(Ben Zobrist)
国籍:アメリカ
生年月日:1981年5月26日
守備:内野手
投打:右投両打
所属:アストロズ→デビルレイズ(レイズ)→アスレチックス→ロイヤルズ→カブス
年俸:1,650万ドル(2017年)
2016年成績:147試合/打率.272/18本/76打点
通算成績:1337試合/打率.266/145本/643打点
※2016年終了時点

2004年のドラフトで4巡目(全体184位)でアストロズに入団したゾブリスト。メジャーデビューを果たす前にデビルレイズ(現レイズ)へとトレードで移籍。2006年に遊撃手としてメジャーデビューし52試合に出場。遊撃手だったゾブリストが複数ポジションを守るようになったのは2008年のことだ。遊撃手(35試合)、左翼(19試合)、二塁(8試合)、中堅(5試合)、右翼(2試合)、三塁手(1試合)と6つのポジションを守ると毎年のように複数ポジションを守るようになる。以降も、毎年様々なポジションを守りどの球団でも戦力として活躍。

打撃タイトル、ゴールドグラブの獲得はないが複数ポジションを守れ、打率.270前後と安定した打撃を誇ることから最強のユーティリティーとして重宝された。2015年シーズンはロイヤルズ、昨シーズンはカブスと2年連続のワールドチャンピオンに輝いた。特に昨年はワールドシリーズで打率.357と打撃好調でMVPも受賞。今シーズンは再びカブスチャンピオンリングを目指す。

新着記事