掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球連盟】中大が逆転勝利で1勝1敗のタイに!中大・保坂、亜大・北村にそれぞれ一発!

4月27日、東都大学野球連盟一部リーグは明治神宮野球場で第4週が行われ、第1試合では「中央大学対亜細亜大学」の2回戦が行われ、中大が5-3で勝利。中大は先制を許したが4回に一挙4得点で逆転、そのまま逃げ切り、1勝1敗のタイとした。

中大・河合が満塁のチャンスで走者一掃の二塁打

試合は初回、亜大打線が中大先発の鍬原拓也を攻め立てる。1番・近森雄太が三塁打で出塁すると、1死の後、3番・北村拓己が左翼席へ一発を放ち、2点を先制。

すると4回、今度は中大が亜大先発のルーキー・井上仁裕(育英高)から無死満塁のチャンスを作り、6番・土谷惠介の押し出し四球、7番・河合泰聖の右翼への3点適時二塁打で4点を奪い逆転する。さらに6回、4番・保坂淳介が一発を放ち中大がリードを3点に広げる。

亜大はその後1点を加えたものの、追いつくことはできず敗戦。中大の鍬原は6回3失点と試合を作り、今季3勝目を挙げた。

1勝1敗のタイになった中大対亜大のカードは、4月28日に3回戦が行われる。

【東都大学野球連盟】プロ注目・嘉陽は5回1失点!亜細亜大が中央大に先勝!

こちらの記事も読まれています

新着記事