掲載日: 文章:Clipee運営局

【春季東京都大会決勝】壮絶な打ち合いを制した早稲田実業が35年振り春優勝!

4月27日、高校野球春季東京都大会決勝が明治神宮野球場で開催され、早稲田実業と日大三が激突。史上初のナイター試合で開催された試合は、早稲田実業が延長12回に18-17でサヨナラ勝ちを決め、35年振りに春季東京都大会を制した。

早実主砲の清宮が高校通算83、84号連発!

試合は初回から激しく動いた。先攻の日大三は3番・櫻井周斗の適時二塁打で先制すると、6番・日置航の3点本塁打で4点を奪う。その裏早実は4番・野村大樹の高校通算27号2点本塁打で2点を返す。その後早実がさらに2点を返し、同点で迎えた5回、またしても4番・野村が28号2点本塁打で早実が逆転。6-4と早実リードで試合は終盤へ。

10-11と早実リードの8回、ついに早実の主砲清宮幸太郎にこの日1本目となる高校通算83号2点本塁打が飛び出る。10-13と早実が3点リードで迎えた最終回、ここで試合が終わるかと思われたが、櫻井のソロ本塁打をきっかけに日大三打線が爆発し、一挙7得点で試合をひっくり返した。するとその裏、清宮の2打席連発となる84号3点本塁打で早実が追いつくと試合は延長戦へ。

延長に入ってからは両チームの投手陣が粘り、同点のまま延長12回を迎える。日大三はチャンスを作るもあと一本がでず無得点に終わると、早実は四球と内野安打などで無死満塁とし、1番・野田優人が適時打を放ち、18-17でサヨナラ勝ちを収めた。

激戦を制した早実は35年振りの春季東京都大会優勝を果たした。

【春季東京都大会】両チーム合わせて5本塁打の乱打戦を制した日大三が決勝&関東大会進出!

こちらの記事も読まれています

新着記事