掲載日: 文章:Clipee運営局

マリナーズ・岩隈が6回途中1失点の好投も白星はつかず

マリナーズ・岩隈が6回途中1失点の好投も白星はつかず
photo by GettyImages

現地時間4月27日、コメリカパークで行われたデトロイト・タイガース対シアトル・マリナーズの一戦は2-1でマリナーズが勝利した。岩隈久志(マリナーズ)は先発のマウンドに上がり6回途中1失点の好投を見せたが白星はつかなかった。

好投見せるも失策が絡み失点許す

岩隈は立ち上がりから安打と死球で1死一、二塁のピンチを招くが5番・ジャスティン・アップトンを二ゴロに抑え無失点に切り抜けた。その後は、危なげない投球を見せ5回まで無失点投球。打線もタイガースの先発であるジャスティン・バーランダーを打ち崩せず0-0のまま緊迫した試合は続く。

6回表にカイル・シーガーの中前適時打で岩隈に待望の援護点が入る。しかし、その裏に先頭のタイラー・コリンズに二塁打を浴び、その後、失策が絡み1点を失うと2死を取ったところで交代。

この日の岩隈は5.2回1失点(自責0)、被安打3、与四球1、奪三振3(84球)の内容。好投を見せたが白星は手に入らず今シーズン初勝利はお預けとなった。

マリナーズ・岩隈は6回途中3失点で敗戦投手に!今季初白星ならず

キーワード

関連ニュース / コラム

こちらの記事も読まれています

新着記事